中古楽器は買取ネットで売るのがおすすめ

古い楽器を処分するくらいなら売ろう!

過去に趣味で購入したけれど、今ではすっかり弾かなくなった楽器が、部屋の片隅や物置に収納したままになっていることはないでしょうか。

これから先演奏する予定でもあったりすれば別ですが、今後も演奏する予定がないのであれば、処分も検討するべきでしょう。

とはいっても廃棄するにしても現在では手間もお金もかかります。

ごみ処分の方法は自治体にもルールがあり、粗大ごみとしてだすことができる場合もあれば、種類によっては特別な処分方法が必要な場合もあるからです。

捨てるにしても手間もお金もかかるくらいなら、売却を検討するのをおすすめします。

楽器

しかしここで問題になるのは中古でも価格が付くのかという問題です。

もっともどのような商品やニッチな分野でも規模の大小の違いはあっても市場は形成されているので、買い手がつくことは期待してもよさそうです。

ましてや楽器は多彩な種類を含みますが、愛好家がそれぞれに存在しているので、買取先を見つけることは可能でしょう。

しかし、ヤフオクなどネットオークションやメルカリなど個人間取引のマーケットなどは、相場よりもかなり安い金額で取引されているのでおすすめできません。

その上梱包や実際の商品を見てのクレームや強引な値下げ交渉を持ちかけてくるなど、トラブルに遭遇することはよくあり、取引一つを円滑に終了させるには相応の経験を必要とします。

そこでおすすめなのは、楽器専門の業者に買い取ってもらうという方法です。

古い楽器というと価値が下ると考えるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

例えばエレクトーンなどは電子機器で電気製品の側面があるので、古いとあまり価値はつきません。

しかしビンテージギターなどでは、かなり高額で買取査定の対象になることもあるわけです。

楽器買取ランキングの案内楽器買取ランキングへ

中古楽器でも高く売ることができる?

中古楽器の高額査定での買取を希望するなら、お店選びと鑑定評価方法の特徴をしっかり把握するのがポイントです。

まず実店舗があり、街角でも店舗を目にすることができるショップは御存知でしょう。

なかにはビンテージものや有名ブランドなどを店頭にならべていることもあり、品揃えも豊富で高額査定を期待できると考えるかもしれません。

しかし実店舗を構えながら利益をあげるには、家賃や光熱費などの固定費に加えて店舗維持のためにスタッフを雇うことによる人件費の負担など、何かと高コスト体質です。

そのため店舗経営上あまり高額の査定を出してしまうと、利幅が小さくなり経営が成り立ちません。

したがって実店舗よりは、インターネット通販などに特化した楽器買取サイトに依頼したほうが、高価で買い取ってもらえるチャンスが広がります。

そして買取価格の設定の問題ですが、専門店のなかには上限金額が設定されていることがあります。

これがインターネット店舗でも同様で、具体的にあるお店では上限金額5万円と記載されているところ、別のお店では6万円と記載されていたりします。

初めて依頼を出す方は、当然上限金額6万円のお店のほうが高価で買い取ってもらえるものと考えるかもしれません。

ところが実際には前者の店舗のほうが査定額が高くなることもよくあります。

実は上限金額というのは、あくまで新品未使用の最高のコンディションを前提にしての価格です。売るために査定の対象になるような楽器は、多かれ少なかれ使い古されていて、使用感も当然あります。

そのような中古品について上限金額を喧伝したところであまり意味はないわけです。

あくまで高価買取の実勢のあるお店を選ぶべきなのです。

楽器買取おすすめランキング

中古楽器なら買取ネットで売るのがお得

中古楽器を高額で処分するのは、なかなか容易なことではありません。

一番手軽なのはハードオフ、ブックオフなどのリサイクルショップに持ち込むことです。

リサイクルショップは世簿中のリユースの潮流の影響を受けて日本全国で数多くの業者が展開しています。

地元やその周辺で少し足をのばせばかならず、一店舗くらいのリサイクルショップを見つけることが出来るでしょう。

リユースできるものなら何でも取り扱っているので、当然楽器も売買対象です。

もちこめばすぐさま査定して鑑定額を提示してくれるはずです。

しかし、ハードオフ、ブックオフといったリサイクルショップに楽器に詳しい鑑定スタッフが在籍しているとはかぎらず、むしろ少数派なのが現実です。

そのため単にアイテムの状態が新しいか、有名ブランドかなど、極めて粗雑な基準で鑑定されるので買い叩かれるリスクが高いものと認識するべきです。

中古を高額で処分したいなら、買取ネットがおすすめです。

査定経験10年以上のスタッフや現役のバンドマンなど、音楽をこよなく楽器が好きなスタッフが鑑定にあたるので、クライアント目線での買取額を期待できます。

そして実店舗を構えていないWEBに特化したショップなので、賃料や光熱費などの固定費や余計な人件費などは不要なので、そのぶん査定金額に上乗せ還元できるわけです。

それと査定するに際しては、上限金額を設定していません。

上限金額は新品実商品の状態での価格を提示しているにすぎないので、中古品で明示しても無意味です。

お客様の混乱を招くだけでなく、不信感のもとになります。

買取ネットでは、減額評価前提の上限金額を明示しないかわりに、商品の状態やマーケットの動向、機能面やデザイン性などを総合評価し、経験豊かなプロならではの視線で少しでも高い価格での買取に応えてくれます。

楽器買取おすすめランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました