アコギを売るなら楽器買取サイトがおすすめ

楽器買取サイトならアコースティック・ギターの宅配・出張買取もあるのでおすすめ

アコースティックギターを略してアコギと呼びますが、エレキギターと比べるとアンプなどに接続しなくてもすぐに演奏ができたり重量が軽いので持ち運びに便利などの利点があります。

ただ、エレキの種類にもよりますが、基本的にアコースティックギターはサイズが大きくハードケースに入れておくと結構スペースを食ってしまう家の中に置いておくと邪魔になってしまうことも少なくありません。

昔はバンドを組んでいてギターの練習も熱心に行っていた人、バンドは組んでいないけれども独学で演奏を楽しんでいた人、中にはギタースクールに通ってプロを目指していた人もいるのではないでしょうか。

家の収納には限りがあるので使わなくなった際には処分を考える人も多いかと思われますが、処分するときには粗大ごみなどを使うのではなく、楽器買取サイトを使って売るのがおすすめです。

アコギ

楽器買取サイトの大半が宅配および出張での買取を実施していますので、近くにお店がない人や何らかの理由でお店に行くことができない人などには、便利な方法ではないでしょうか。

宅配の場合は、業者に集配をお願いすれば自宅から発送ができます。

ちなみに、宅配業者のホームページから集配の依頼ができることをご存知でしょうか。

自宅の住所と電話番号を入力、後は集配を依頼したい日時を指定するだけで宅配業者さんが自宅までアコギを取りに来てくれますよ。

楽器買取サイトもネットでやり取りするわけですからすべてネットで完結できるなどの利便性も兼ね備えています。

出張の場合は対応エリアが決まっているため、必ずしも利用できるとは限りませんので利用しようとしているサイトが自宅を対応エリアにしているのか否かを確認しておきましょう。

楽器買取ランキングの案内楽器買取ランキングへ

楽器買取サイトとリサイクルショップの比較

アコギを売るときの選択肢としてリサイクルショップが挙げられますが、リサイクルショップもお店により出張サービスを行っているところもあるため、お店まで持って行くことができない場合でも利用できるケースはあります。

さらに、このようなお店は家の中にある不要なものを売却できるので、まとめて処分したいときなど便利な存在といえましょう。

ただ、不要なものすべてを買い取って貰えるか否かは別の話で在庫品が多いモノ、お店に置いておいても売れないモノなど、ハードオフ、ブックオフといったリサイクルショップの中にはある程度の基準が設けてあります。

その基準に入っているものは売れるけれども基準外の商品は売れない、売れ残りが生じる可能性があります。

また、ハードオフ、ブックオフといったリサイクルショップに商品を持って行くと査定を行うのはアルバイトの店員さんや楽器のことをほとんど知らないスタッフさんなど、楽器本来の価値を最大限に査定する能力を持たない人が査定を行う可能性が高いです。

これにより高価な値段で買取して貰えるチャンスも低くなります。

楽器買取サイトの場合は、アコギなどそれぞれの楽器の価値を熟知しているスタッフさんが鑑定を行うなどからも高価な値段で売れるチャンスを広げてくれるメリットを持っています。

お店の中には店頭での査定もできるところがありますが、2つを比較するとアコギを売るのであれば楽器買取サイトの方が高く売れる、単に処分したいカラーボックスや衣装ケースなどは店頭で売れるリサイクル店を利用するなど、売りたい品物に応じて使い分けを考えるようにしましょう。

特に、価値あるアコギなどの場合はリサイクル店などに持ち込むと安値の査定になることも多く、楽器買取サイトを使うのがおすすめです。

楽器買取おすすめランキング

中古のアコギでも楽器買取サイトなら高価買取も!

新品で購入したアコギは状態が良ければ高い値段で売れるでしょう。

しかし中古品だと前に使っていた人のメンテナンスの仕方や使い方などにより状態も悪くなっているため売れたとしても二束三文程度にしかならない、このように考える人も多いのではないでしょうか。

演奏するとき、右利きの人であれば右腕の袖についているボタンがギターボディーにあたる、これが原因でピックガード周辺に傷を付けてしまうこともあり、細かな傷がつくことで査定の際にはマイナス評価になりがちです。

ギターの状態を維持するためにも演奏するときには袖にボタンがついていないものを着る、これが査定評価の際にマイナスにならないポイントに繋がって来るのです。

中古で購入したアコギ、ブランド品のものも多くありますがブランド品の場合は純正パーツがそのまま使用されていることが査定額を高めるポイントに繋がります。

既に別のパーツに交換されている場合は期待が薄くなりますが、純正パーツがそのままになっている場合など高価な値段で売ることもできるわけです。

ちなみに、弦のチューニングを行うときに使う糸巻のような部品のことをペグと呼びますが、ペグは金属部分もあるのでサビが生じないようにメンテナンスを行うことが大切です。

アコギの弦はナイロン製などになるためエレキのようにサビが生じることはありませんが、パーツで金属のものはしっかり汚れを拭き取るなどのケアが重要です。

楽器買取サイトを使ってアコギを売る、このときは査定に出す前にピカピカに磨いてあげる、内部も掃除機などを使って埃などのごみをきれいに取り除くなど自分でできるメンテナンスを施しておけば高価買取に繋がります。

また、保証書などが残っている場合、それも査定に出すと高価買取のチャンスに繋がるのでおすすめです。

楽器買取おすすめランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました